「橋りょう長寿命化修繕計画」について

「橋りょう長寿命化修繕計画」とは?

 橋りょうの耐用年数は一般的に、50年程度と言われています。
平成25年現在、新得町には建設後50年を経過する橋りょうが7橋あり、今後20年後には全体の47%、30年後には68%と、急速に増加する傾向にあります。このことから、橋りょうに掛る維持管理費が今後増大することがわかります。
 そのため、「橋りょう長寿命化修繕計画」を策定し、予防的な修繕や、計画的な架け替えを行うことで、維持管理費用の縮減を図ります。
 「橋りょう長寿命化修繕計画」とは、全ての橋りょうの状態を把握し、橋りょう補修・架け替え順序と、おおまかな工法を計画するものです

新得町「橋りょう長寿命化修繕計画」の概要

町道に架かる橋りょう

○148橋(分離橋11橋含む)
※分離橋とは歩道と車道が分離している橋などを言います。

橋りょう点検

○148橋(分離橋含む)
平成24年度に実施、以降は5年に1度を目途に行う予定です。
   

橋りょう長寿命化修繕計画の策定

○148橋(分離橋含む)
平成25年度に10年間の計画を策定しました。(平成27年から平成37年まで)
以降は今後行われる橋りょう点検の結果等を考慮し、随時計画を更新します。

平成27年から平成37年の10年間に補修・架け替えを行う橋りょう

○補修:20橋
○架け替え:1橋
※計画は予定であり、今後の点検結果等により変更する場合があります。

今後の予定

  • 平成26年度 橋りょう補修のための設計業務を行います。
  • 平成27年度 橋りょう補修工事を開始します。
     

橋りょう長寿命化修繕計画」詳細

「橋りょう長寿命化修繕計画」の詳細は以下を参照してください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
施設課 電話番号:0156-64-0529FAX:0156-64-5118