定住自立圏構想

定住自立圏構想とは

 定住自立圏構想は、圏域の中心的な役割を担う中心市と周辺町村が、それぞれの魅力を活用して、相互に役割分担し、連携・協力することにより、圏域全体で必要な生活機能を確保し、地方圏への人口定住を促進する自治体間連携の取組みです。

十勝圏における取り組みの状況

 平成21年11月から、十勝管内全市町村で定住自立圏構想の調査・研究をすすめ、十勝全体での連携を目指すことを全市町村で確認したことから、平成22年12月15日、帯広市において圏域における中心的な役割を担う意思を表明する「中心市宣言」を行いました。
 平成23年2月には、十勝圏における定住自立圏構想の推進組織を設置し、具体的な連携協議をすすめ、同年6月に、定住自立圏の形成に関する協定書を各市町村の議会へ提案し、その議決を経て、平成23年7月7日に帯広市と18町村の間で1対1の協定を締結しました。

定住自立圏共生ビジョン

 定住自立圏の形成に関する協定の締結を受け、圏域の将来像や関係市町村が連携して推進する具体的な取組み内容を明らかにするため、中心市である帯広市において、協定を結んだ取組項目(19項目)についてビジョンを策定しました。
定住自立圏の形成に関する協定の締結や共生ビジョンの策定に関する経過等詳しくは、“帯広市ホームページ「定住自立圏構想」”をご覧ください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
地域戦略室 電話番号:0156-64-0521FAX:0156-64-4013