若手職員による政策提案制度

 新得町では、若手職員の政策形成能力の向上や意識啓発、柔軟な発想から町の活性化に向けた新たな政策を検討するため、平成23年度に若手職員による政策提案制度を創設しました。

背景

・限られた財源の中で、行政サービスの一定水準を維持しニーズに対応するため、創意工夫を重ねて真に必要とされるサービス、効率的で質の高いサービスを選択していくことが必要
・地方分権時代を担うに相応しい人材の育成には、職務遂行能力及び政策立案能力の向上と、経営感覚や常に町民の視点で考える職員の意識改革が必要

制度の目的

・政策課題及び町民ニーズに迅速かつ柔軟に対応することにより、町民満足度の向上を図る。
・若手職員の斬新かつ柔軟な発想を町政に活かし、限られた予算の効果的、効率的な執行を行う。
・若手職員の政策形成能力及び意識啓発を図ることにより、組織の活性化を促進する。
※若手職員とは、入庁2年目から10年目までの職員
※政策課題は、庁内各課から募集した課題及び若手職員から提案のあった課題の中から政策提案グループが選定

提案内容

平成24年度提案内容「食を活かした地域づくり」

平成23年度提案内容「協働から始まる新たなビジネスの創造に向けて」

このページの情報に関するお問い合わせ先
地域戦略室 電話番号:0156-64-0521FAX:0156-64-4013