乳幼児医療費助成

乳幼児等医療費助成

助成の対象者

町内に住所を有し、医療保険に加入している0歳~中学校卒業(卒業年度の3月31日)までの乳幼児及び児童。

助成内容

医療機関等にかかった時の医療費のうち保険診療の自己負担額全額を助成します。

※  入院時の食事に係る費用、差額ベッド代、予防接種などは自己負担となります。

申請の手続き

医療の助成を受けるためには、事前に「乳幼児等医療費受給者証」の交付を受けることが必要です。
次のものを持参のうえ、手続をしてください。
 
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 所得課税証明書(1月1日現在新得町に在住の方は不要です)
     
※「乳幼児等医療費受給者証」は0~6歳(6歳到達年度の3月31日)までのお子さまにお渡しします。
    小中学校のお子さまにはお渡ししていません。

医療機関にかかるとき

●十勝管内の病院、歯科、薬局などにかかるときは、「健康保険証」と「乳幼児等医療費受給者証」を窓口へ提示してください。

●十勝管外の病院・診療所及び歯科医院にかかったときや、医療受給者証を忘れたとき、看護・移送など医療機関にお金を支払った場合、下記のものを持参のうえ、役場町民課国保年金係または屈足支所の窓口へ申請してください。後日償還払いとしてお支払いいたします。
 
  • 印鑑
  • 医療機関にお支払いした医療費の領収書
  • 振込先の口座番号等が分かるもの
    (ゆうちょ銀行の場合は振込用の「支店名」「預金種目」「口座番号」の記載された通帳をお持ちください)

●小中学生につきましては、保険証のみ提示し一度自己負担分の3割を医療機関でお支払いしていただき、下記のものを持参のうえ、役場町民課国保年金係または屈足支所の窓口へ申請してください。後日お支払いいたします。
 
  • 印鑑
  • 医療機関にお支払いした医療費の領収書
  • 振込先の口座番号等がわかるもの
    (ゆうちょ銀行の場合は振込用の「支店名」「預金種目」「口座番号」の記載された通帳をお持ちください)

届出が必要なとき

次のような場合は届出が必要です。(小中学生は必要ございません)
  • 町外へ転出するとき
  • 死亡したとき
  • 健康保険の資格がなくなったとき
  • 生活保護を受けるようになったとき、または解除になったとき
  • 住所、氏名が変わったとき
  • 健康保険が変わったとき
  • 受給者証の再交付を受けるとき
このページの情報に関するお問い合わせ先
町民課 電話番号:0156-64-0528FAX:0156-64-5118