軽自動車税

軽自動車税とは

軽自動車税は毎年4月1日現在における原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車の所有者又は使用者に課税されます。

税率

車種区   分平成27年度まで平成28年度から新規検査から13年経過したもの (重課)             ※1軽課            条件1   ※2軽課            条件2   ※2軽課            条件3   ※2
原動機付自転車50cc以下1,000円2,000円
50cc~90cc以下1,200円2,000円
90cc~125cc以下1,600円2,400円
ミニカー2,500円3,700円
軽自動車二輪 125cc超~250cc以下2,400円3,600円
小型特殊自動車農耕作業用のもの1,600円2,000円
その他4,700円5,900円
二輪の小型自動車 250cc超4,000円6,000円
車種区   分H27.3.31までに新規検査されたものH27.4.1以降新規検査されたもの新規検査から13年経過したもの (重課)             ※1軽課            条件1   ※2軽課            条件2   ※2軽課            条件3   ※2
軽自動車三輪3,100円3,900円4,600円1,000円2,000円3,000円
四輪以上乗用営業用5,500円6,900円8,200円1,800円3,500円5,200円
自家用7,200円10,800円12,900円2,700円5,400円8,100円
貨物営業用3,000円3,800円4,500円1,000円1,900円2,900円
自家用4,000円5,000円6,000円1,300円2,500円3,800円
 
※1 経年車両に係る重課税率について
最初の新規検査から13年経過した三輪、四輪の軽自動車について、重課税率が適用されます。    
●平成28年度に重課税が適用される車両は、自動車検査証(車検証)の初度検査年月が平成14年以前(平成14年12月31日以前)の車両です。
●平成15年10月14日前に最初の新規検査を受けた車両は、年までの記載しかないため、その年の12月に検査を受けたものとみなすことになります。 
 
※2 グリーン化特例(軽課)について(各燃費基準の達成状況は、自動車車検証の備考蘭に記載されています。)   
平成27年4月1日から平成28年3月31日までに最初の新規検査を受けた軽自動車で、次の基準を満たす車両について、グリーン化特例(軽課)を適用します。(2、3については、ガソリンを内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。)
条件1.電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)     
条件2.乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車  
条件2.貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車 
条件3.乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
条件3.貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車 

新規取得手続き

軽自動車及び二輪の小型自動車については帯広市の軽自動車協会での手続きが必要となります。
原動機付自転車及び小型特殊については新得町役場税務出納課または屈足支所の申請書に車種及び車体番号を記載して提出すると、ナンバーが交付されます。

廃車手続き

帯広ナンバーについては帯広の軽自動車協会へ廃車手続きをして下さい。 
原動機付自転車及び小型特殊については新得町役場税務出納課または屈足支所へナンバーを返却して下さい。また転入転出した場合には転入転出先で廃車及び新規取得を行うことが出来ます。

納税証明書の交付

自動車検査を受ける場合には軽自動車税の納税証明書が必要です。納税証明書は納付書に添付されている納税証明書用領収書又は役場税務出納課で発行される納税証明書が必要になります。
発行手数料は無料です。

軽自動車税の減免について

身体障害者の方が所有又は使用する車で軽自動車税及び自動車税を通じて1台のみ減免の対象となります。納期限の7日前までに申請書を提出してください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
税務出納課 電話番号:0156-64-0526FAX:0156-64-4013