全町教育とは

新得町では全町教育を推進しています

全町教育の概要

全町教育を一言でいうと

  • 全町民参加による教育(子どもに多くの町民が関わる教育活動)
  • 町民の教育活動参加による地域共同体意識の向上と地域コミュニティの再生を図る教育

全町教育のコンセプト「基本的な考え方」

  1. 真の学力育成
    ・「真の」とは、知識・技能だけではなく、学ぶ意欲や思考力・判断力・表現力など健全な心と体を兼ね備えた後伸びする学力を体験活動、人材活用などにより身につけさせるということ。
    ・「健全な心」=「人との関わりを楽しむ子」
    勝ち負け、優劣ではない自尊感情の育成。 そのために、貢献活動、協働体験を重視。
     
  2. 大人の自分育て(生涯学習の活性化)
大人の背を見て子どもは育つ
・活動に積極的に係ることにより豊かな自己実現を図る
・大人が躾の大切さを知らなければ、子どもに躾はできません。
 大人がしなければ子どもも挨拶しません。
 大人が育たなければ、子どもは育ちません。
 決め手は大人の「自分育て」です。

全町教育でなにをするの?

  1. 家庭・地域社会と学校の連携
    ・PTA、町内会、子ども会、学校支援ボランティアなどによる学校教育活動への町民の参加
    ・募金活動のような、地域への貢献活動を子どもたちに体験させる。
     
  2. 幼・保、小、中、高の学校連携
    ・つながりを密にし、授業や指導内容・方法の交流、教師の相互協力など。
     
  3. 社会教育と学校の連携
    ・スポーツ、芸能など各種団体、町民大学の方に専門性を生かした活動で子どもに関わってもらう。
このページの情報に関するお問い合わせ先
社会教育課 電話番号:0156-64-0532 FAX:0156-64-5880