農業用貨物自動車の車検伸長

農業用貨物自動車の車検伸長が始まります

北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区の取り組みとして、一定の要件を満たす場合、『車検期間の伸長』が可能となります。

事業の概要

  • 車検を行ってから有効期間を1年経過する前に安全性が確認できれば車検期間が1年伸長できます
  • 車検伸長を受けるには、「指定書」の交付を受け、点検・整備を受ける必要があります
  • 点検・整備料、自動車重量税、自賠責保険料は必要ですが、検査手数料(印紙代)は不要となります
  • 指定申請の受付、指定要件の確認、指定書の交付、指定の取消しは町が行います
  • 指定書は指定要件に該当し続ける限り有効です

指定の要件(以下の要件を全て満たすこと)

  • 自動車の使用者が認定農業者であること
  • 車両総重量が8トン未満かつ最大積載量が5トン未満の自家用貨物自動車であること
  • 自動車検査証に記載された車体形状が「キャブオーバ」または「ダンプ」であること
  • 年間総走行距離が1万キロメートル以下であること
  • 主として十勝管内市町村の使用であること
  • 主として農畜産物の運搬など営農に必要な作業のために使用のこと
  • 自動車登録番号が「帯広」ナンバーであること

手続きの流れ

  • 指定申請書(様式第1号)の申請
    ​*自動車検査証の有効期間満了の1ケ月前の日から満了日まで指定申請が可能
      ↓
  • 指定書の交付
      ↓
  • 指定点検整備事業者で点検・整備
    *指定点検整備業者とは、車検伸長の点検・整備ができる整備工場です
      ↓
  • 点検整備済証の交付
      ↓
  • 車検伸長の申請
    *指定点検整備業者で手続きの代行が可能
      ↓
  • 車検期間の伸長実施

留意事項

  • 認定農業者でなくなる場合、指定取り消しとなり、車検伸長中の場合自動車検査証が失効となります
  • 同じ経営体以外への譲渡・売り払い・廃車は指定取り消しとなります
このページの情報に関するお問い合わせ先
産業課 電話番号:0156-64-0525FAX:0156-64-3450