◆低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金支給事業について

新型コロナウイルス感染症関連情報

事業内容

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなかで、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、食費等の増加の影響を勘案し、子育て世帯生活支援特別給付金を支給するものです。

支給対象者

ひとり親世帯以外で令和3年度中に18歳になるまでのお子さん(障がいの状態にあるお子さんの場合は20歳未満)を養育されている方で、住民税均等割が非課税、もしくは新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に家計が急変し令和3年度分の住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる子育て世帯が対象となります。
ア 令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の支給を受けている方で、令和3年度分の住民税均等割が非課税である方

・支給時期:6月下旬~7月上旬予定(確定次第対象者の方には通知文を送付させていただきます)
・お手続き:申請不要
・支給方法:児童手当もしくは特別児童扶養手当の支給先口座へ振り込みます
 
~注意事項等~
(1)公務員職場から児童手当を受給している家計急変者で令和3年度分の非課税である方と同様の事情にあると認められる方(家計急変者)については、申請が必要となります。イもしくはウと同様の申請が必要ですのでご注意ください。

(2)給付金の支給を希望しない場合には、受給拒否の届出が必要となります。

(3)児童手当等で指定している口座を解約するなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合には、 振込指定口座の変更をお願いすることとなります。
イ 上記ア以外で令和3年度中に16歳から18歳を迎える児童(障がい児については20歳未満)を養育する方、もしくは令和3年4月1日以降令和4年2月28日の間に生まれた児童を養育する方で、令和3年度分の住民税均等割が非課税である方

・支給時期:申請受付後、随時支給します
・お手続き:申請必要※下記申請書を記入のうえ、ご提出願います
・支給方法:申請時に指定された口座へ振り込みます
  
~注意事項等~
(1)給付金受給後に受給資格がないことが判明した場合、返金していただく必要があります。(遅れて確定申告を行った結果、住民税課税となった場合や、ひとり親世帯の給付金を受給していた場合など)

(2)基準日以降の新生児についても、本給付金の支給要件(住民税均等割非課税)に該当する場合は、本給付金において対象となります。
ウ 上記ア以外で令和3年度中に16歳から18歳を迎える児童(障がい児については20歳未満)を養育する方、もしくは令和3年4月1日以降令和4年2月28日の間に生まれた児童を養育する方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降に家計が急変し、令和3年度分の住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方(家計急変者)。
   
・支給時期:申請受付後、随時支給します
・お手続き:申請必要※イの申請書に下記の様式を添付のうえ、申請願います
・支給方法:申請時に指定された口座へ振り込みます

~注意事項等~
(1)給付金受給後に受給資格がないことが判明した場合、返金していただく必要があります。(遅れて確定申告を行った結果、住民税課税となった場合や、ひとり親世帯の給付金を受給していた場合など)

(2)基準日以降の新生児についても、本給付金の支給要件(住民税均等割非課税である方と同様)に該当する場合は、本給付金において対象となります。
各様式につきましては新得町保健福祉センター「なごみ」においてもご用意させていただいておりますので、ダウンロードが出来ない方につきましては新得町保健福祉センター「なごみ」にお越し下さい。

支給額

支給対象児童 1人につき 5万円

申請時期

申請が必要な対象者の方につきましては、下記の申請期間内での申請をよろしくお願いいたします。

申請期間 令和3年6月18日令和4年2月28日

給付金に関する情報

子育て世帯生活支援特別給付金の詳細については、厚生労働省ホームページで公開されています。
厚生労働省では、子育て世帯生活支援特別給付金に関する皆様からの問い合わせに対応するため、
コールセンターを設置しておりますので、ご不明な点等ございましたら下記お問い合わせ窓口にご連絡願います。

ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分に係る電話相談窓口
   電話番号:0120-811-1663(受付時間:平日9:00~18:00)
 (FAX専用番号:0120-300-466)
このページの情報に関するお問い合わせ先
保健福祉センター 電話番号:0156-64-0533FAX:0156-64-0534